お薦め番組

さいとうたかをの『ブレイクダウン』を読んで、サバイバル術を身につけて、災害時も生き抜かなければならないと思っている山本美和です。(この漫画本、なぜオフィスに? お弁当食べながら読んでいましたが、被害状況の描写が生々すぎました。)

だからって訳ではないですが、好きな番組を紹介したいと思います。その名も『サバイバーマン』http://lesstroud.ca/survivorman/home.php。カナダの番組で、すでに3シリーズが好評の内に終わっているのですが、アメリカでもサイエンス・チェンネルや、ディスカバリー・チャンネルで再放送、ニューエピソード含めて放送中。

f0034427_9183099.jpg
その名の通り、サバイバルしていくリアリティー番組です。しかし、リアリティー番組と言ってあなどれないのです。何がすごいかって、すごい要素はたくさんあるのですが、このサバイバーマンことレス・ストラウド、彼がプロデュースして、構成を書いて、ディレクションして、サバイバーマンとして、自身がサバイバルして、そこまではありそうなものですが、なんと、彼自身で撮影してしまうのです。はい、全部彼一人で撮影してしまうのです。そうそうナレーションもぜ〜んぶ。

我々、テレビ番組制作の仕事をしていると、彼一人で撮影というところに驚くし、興味をもつし、惹かれるのですが、そのすごい部分を知らないまま、一般の人が見ても、とても面白い番組なのです。

彼一人で、世界中の荒野に行き、ほんの少しの限られた物資を持った状態で遭難という設定で、そこで救助を待つ1週間、どう生き延びるかというシミレーションをするのです。本当に彼一人。ただ、万が一のため、衛星電話を携え、遠く離れた場所で救助クルーは待機しています。過去、この救助クルーが動いたのは、悪天候のため救助クルー側の判断で救助した際や、政治的内戦が起こったため、などほんの限られた特殊なケースのみとか。

彼が行く場所は、砂漠、雪山、ジャングル、ツンドラ、森林、北極圏、無人島など。
秘境の地で、身を寄せる避難場所も無い、水や食べものも無い、激しく変わる厳しい天候、獲物をねらう野獣、そして孤独。体力も消耗していく、怪我もつきもの、そして、精神的にも参ってくる。実際、疲労から幻覚をみはじめるっていうシーンもありました。我々が想像しうる世界より、よりリアルで、釘付けです。経験、知識、運、そして体力と精神力でもって、まさしく命をかけたサバイバルショーなのです。
f0034427_9192978.png


岩と木の枝を使って、ねずみをしとめ、原始的な方法で火をおこして、そのねずみを焼いて食べたり、アザラシの脂肪を生で食べたり、雨水を蒸発させて飲み水を作ったり、葉っぱを毛布代わりにしたり。物資がありあまる文明の中にあって、この非現実的とも思われる世界に視聴者がひきつけられるのは、何かが起こる、どうにかして生き延びなければならなくなるという不安が、どこかに、あるからでしょうか。

さてさて、その撮影の仕方ですが、ワイドショットあり、クローズアップあり、様々なアングルのショットあり、体にとりつけたカメラによるショットあり、見たい!と思うものをさすがと思わせる画角でちゃんとみせてくれるのです。しかも、彼による細かなサバイバルスキルの説明つきです。これがまた、とてもわかりやすい!加えて、自然にこれでもかと痛めつけられるサバイバーマンの苦痛や苦労が伝わるショットもみせます。けしてサバイバーマンが、泣いたり叫んだりして、その大変さを訴えているのではありません。サバイバーマンはサバイバーマンであるからこそ、常に冷静沈着です。だからこそか、自然の猛威や驚異が伝わる映像になっているのです。

暑い砂漠の中で、遠くを歩く小さなサバイバーマン。これも彼がカメラを設置しそこから歩いて離れていき、また戻ってカメラを回収する。大変だろうなあと思いながらみています。野営地では、彼の活動の様子がわかるよう様々なポジションにカメラを設置します。雨になれば、自分だけでなくカメラも保護もしなければならないのです。どうか起こってくれ!と願う火の種や、命をつなぐ水の一滴にかなり寄ってみせてくれる。どうやって撮ったのだろうと考えさせられるカメラワークもしばしば。25kgあるカメラギアを持ち歩くのも彼自身。我々テレビ人にとっては、おもしろさが何倍にもなる番組なのです。
f0034427_9202213.png
いったいサバイバーマンこと、レス・ストラウドという人物は? 1961年カナダ、オンタリオ生まれ。バンドをつくり、ソングライターとして音楽業界にいたらしいのですが、仕事は殆ど裏方でした。番組の中ではハーモニカを携帯し、よく吹いています。荒野のハーモニカがまたしっくりくるのです。たまにギターを持っていて、そのギターを解体して、獲物をしとめるワナをつくるのです。話しがそれましたが、短い音楽キャリアの後、カヌーによる川下りに魅了され、そのままプロのアウトフィッター(荒野のツアーのための案内や食事、野営のサポートをしてくれるひと)や荒野専門のガイド、サバイバル講師になっていったのでした。そう、もともと彼はその道のプロだったのです。

しかし、よく一人で撮影しようという気になってくれました。これがまたカメラクルー引き連れて、行く先でカメラマンがカメラ構えてサバイバーマンを待っていたりしたら、げんなりです。みている人がカメラクルーの食事は?シェルターは?なんて考え始めたらもうリアリティーはなくなってしまいますし。

命をかけた低予算番組です。おすすめです。自然災害の被害も本当に大きくなってきています。自然に対する畏怖は忘れてはなりませんね。

by GPAUSA | 2012-11-25 09:20

大統領選!

こんにちわ!
サマータイムが終わり、日没がすっかり早くなってしまった、ロサンゼルスより友希子がお伝えしております。

11月6日は、大統領選挙でしたね。
日本でも各局で報道されていたと聞きましたが、皆さんはご覧になりましたか?

アメリカでも、選挙前から各局が注目していたこの選挙。
私は今年、初めて大統領選挙の報道のお手伝いに、出かける事ができました!

元々学生時代に、ジャーナリスト志望だった私は、大学卒業直後、ABC局サンフランシスコ支局のニュースルームで働いていた事もあり、報道の取材は、私のアドレナリンを大放出させます!笑

オバマ大統領が当選した4年前、アメリカ中が湧いていたのとは裏腹に、年々彼の支持率が落ちていくと報道され続けていました。
今年の大統領選は、どうなるのか!?大接戦になるのでは!?と、注目が高まる中での、選挙でした。

そんな中私は、今年、ボストンのロムニー陣営の本部で、取材のお手伝いをさせて頂く事が出来ました!

f0034427_111028100.jpg


会場に到着したのは、選挙前日の深夜でしたが、既に「ロムニー」マークがいたる所に装飾されており、ボストンは選挙一色!
ロムニーのサポーターだけでも、この為に、約5000人がボストンやってくると言われており、ちょっとした町おこしにもなっていました。

ボストン本部には、ジャーナリストだけで、世界各国から1000人集まると言われており、どのホテルへ行っても、メディア・パスを首にさげた、ジャーナリストだらけ。

f0034427_11252034.jpg


ロムニー陣営の本部となったのは、ボストン市内のコンベンション・センターですが、このイベントの為に、電話、ケーブルテレビ、データ送信の為に、夜通しでスタッフが作業を進めて、500回線以上が引かれたと言われています。

500回線・・・想像も出来ないデータ量です。。!!


選挙当日は、各局メディアの生中継の為、50台以上の中継車が、所狭しと会場の外に!

f0034427_11201076.jpg


写真ではあまり分からないですが・・・東京ドーム1個分よりも一回り大きいこの会場を、ぐるっと一周、中継車が囲んでいました。

そして選挙当日は、こちらから生中継のお手伝いをさせて頂きました。

f0034427_11115855.jpg


まだ報道陣しか入っていない会場は、ガランとしていましたが、開場と同時に、この場はサポーターで埋め尽くされました。

思ったよりは、早く結果が出た今回の選挙でしたが、現場にいた事からも、これまでとは全く違った臨場感を経験する事ができました。

日本、アメリカだけでなく、南米やヨーロッパ、世界中から数多く来ていたジャーナリスト達とも、貴重な交流ができた場所となりました。

f0034427_1140113.jpg




By Yukiko

by GPAUSA | 2012-11-20 11:45

危険な波

こんにちは。飛行機好きの小林ですが、実はサーフィンも趣味なんです。

今回は、そんな中、年に数回訪れるビックウェーブ(大波)について〜

年中穏やかな天気で、冬でも暖かい太平洋に面したLAは、言わずと知れたサーフィンのメッカ。
LAの南に位置するハンティントンビーチは、サーフィンの発祥の地とも言われ、サーフ文化が街中に浸透しています。

サーフィンをした事がある人ならご存知かと思いますが、サーフィンはとてもハードなスポーツです。
ひとたび大きなうねりが打ち寄せると、あっと言う間に命知らずのサーファーが海岸に押し寄せ、ビッグウェーブに挑む為、海へとパドルアウトして行きます。

そんなLAの海、冬と夏では、サーフポイントが変って来ます。
夏は、南からのうねりを受け易いので、LAの北のマリブビーチや、ハンティントンビーチやニューポートビーチなどの南向きのOC近辺の海がサーフポイントになります。
で、冬は、北からのうねりを受けるので、エルポートビーチなどの、西に向いたビーチがサーフポイントになります。

さて、そんな中、今年一番のうねりが南よりやってくるという情報を聞きつけ、早速南向きのポイントのニューポートビーチへと〜
すると、、、海岸にギャラリーが盛りだくさん〜
f0034427_23373755.jpg


そして海に目を向けると〜
f0034427_23381567.jpg

トリプル以上(人の背の高さの三倍)はありそうな、ビックウェーブ〜〜
そして、命知らずのサーファーが多く沖に出ています〜
手前でたたずむサーファーは、、、行くか行くべきか迷っているのか。。。(笑

ちなみに、このビーチで年に何人かはサーフィン中に亡くなっています。。
もちろん、プロ並みにサーファーですが、、溺死だったそうです。。


先日(って言ってもかなり昔だが。。)、家の近くに西向きのポイントにもうねりは入ってきた。
早速、トーランスビーチと言う、家から極近のビーチに行ってみる〜
そこでも、大波が来ていました。
f0034427_18113973.jpg


波が大きすぎて、ビーチに内陸まで水が押しよせています。
f0034427_18125451.jpg


さて、一応サーファーの端くれの自分も、この大波に挑戦したくなり、海に入ってみる事に。
でも、さすがにこの大きさの波はヤバすぎるので、もうちょっと小波のポイントに移動〜

で、入っちゃいました〜
で、開始一分でやられちゃいました〜(笑
波に乗る事なく、波にもまれ、、、気づけば、、、ボードが顔に激突〜〜

結果

f0034427_18172022.jpg

負傷。。。

数センチずれていたら、、、目に直撃でした。。。


みなさん〜
LAには、日本で見られないような大波もやってきますが、
怪我するといけないので、命知らずの人間以外は、ギャラリーに徹しましょうね。

名誉ある負傷をした!?小林でした。

by gpausa | 2012-11-11 23:41 | 技術部長 小林正人

その凄さ、万国共通!!「ワールドシリーズ」こいつらマジはんぱねぇ〜!!

f0034427_991724.jpg

「何が始まるんです?」
「世界大戦(ワールドシリーズ)だ」



皆さんこんにちは、前田陽治あらためジョージ・マエダです。
アメリカ人ってヨージが言いにくいっつーことでコーディネーターの森山絵里さんがつけてくれました。
というわけでこれからはジョージと呼んで下さい。
まあ、どっちでもいいんですけどね。

さて、そんなジョージがお送りする新コーナー「シネマBANG-CHOW。今回ご紹介する映画は「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」(2006年)です。
f0034427_916742.jpg

宮藤官九郎脚本によるTVシリーズから始まった今作もこの映画でついに完結、とうとう死んでしまったぶっさん。そしてメンバーたちのその後は? ぶっさんに、そして木更津キャッツアイにばいばいを告げる、いっぱい笑ってちょっぴり泣ける堂々の大団円。
2002年の放送からはや10年がたっておりますが、今年10周年なのになんのイベントもないってドウイウコッチャ,ヲイ!
いや、失礼、取り乱しました。
TVシリーズを全部見ていることが前提の、一見さんお断りの映画ですがもし最初から最後まで見る機会があれば、きっと気に入ることと思います。
大切にしまっておきたい、そんな作品。あなたのハートには、何が残りましたか?

何が? え~と…、
そう、「ワールドシリーズ」だッ!
f0034427_9285528.jpg

というわけで、ベースボールの世界最高峰、野球の天下一武道会ワールドシリーズ サンフランシスコ・ジャイアンツ×デトロイト・タイガースに仕事で行って来ました!

今回はワールドシリーズテレビ中継に「超亜細亜人Z(スーパーモンゴロイド)が米大陸(アメリカ)へ殴りこみ!!」
その舞台裏の模様をなぜか「男のリトマス試験紙」木曜洋画劇場(水曜シアター9)の予告CM風にお送りする!!!

勝つか! 負けるか!闘魂祭4番勝負(結果的に…)!!
今回も一仕事完全燃焼じゃぁッ!

あー、オーケーオーケー、皆様の疑問はわかります。

「一体なんで木曜洋画劇場なのか教えて頂戴!」
「駄目だ」(VO 玄田哲章)



f0034427_9481142.jpg

さあここは坂道にも程がある街! サンフランシスコ、AT&Tパークだッ

f0034427_9525433.jpg

ジャンジャンジャジャン、ジャイアンツ!

f0034427_10402082.jpg

耳をすませば聞こえてくるよ 中継車の足音が


気をつけろ! 車は急に、止まれナァァァイ!!

f0034427_10531791.jpg

アメリカの中継車はデカイ!デカイ!!デカいにも程がある!!!

f0034427_10553466.jpg

止まっていてもこの存在感! 中継車達、多すぎィ!!

f0034427_105947.jpg

宇宙(そら)にむけて電波発信!!
空を愛する冒険野郎が、危険覚悟でトビますっ! トビますッ!


f0034427_1113184.jpg

いかついおまわりさんがいっぱいだ!!これから一体何が起こるのか!?
「お父ちゃんコワイ・・・人類みんな・・・滅んでしまうん?」
「安心せぇ、お父ちゃんが絶対! お前と観客、救うたる!!」(VO 大塚明夫)


f0034427_11164715.jpg

秘密番長(エージェント)は見たッ!!  報道社会(ゲンジツ)正体(ウラガワ)をッ!!

f0034427_11284389.jpg

今日もどこかでお騒がせ野郎達!!「力こぶれ、肉密度1000%!!!
逃げても逃げても追ってくる (報道陣が) 、その恐怖、想定の範囲外!!

f0034427_11351882.jpg

カメラマンは心も優しい。これがベテランオヤジのテクニック、ヒヨッコどもは下がってろ!

f0034427_11452767.jpg

こんなところにカメラが! 死んでも観ろ! (でも死んだら観らんないよ・・・)



番外編だッ!、ナショナルリーグチャンピオンシップ、セントルイス・カージナルス×サンフランシスコ・ジャイアンツ

f0034427_11482597.jpg

雨天中断中!! 3時間も待たされたぞ!!!

f0034427_11501993.jpg

回避不可能、どうなる球場、どうすんだよ観客!!!!



f0034427_11535888.jpg

ここにクラウザーさんはいないぞ! デトロイト、コメリカッ・パァァァーク!!!

f0034427_121725.jpg

タイタイタタイ、タイガース!!(ちょっと苦しい)

f0034427_12493197.jpg

中継車を巡る壮絶な戦い! 血染めのグランドでは、タフじゃなければ生きていけないのさ!!

f0034427_137383.jpg

こんなの滅多に見られないわよ! さすが木曜洋画劇場GPAのブログだゼ!

f0034427_124401.jpg

マッチョなヘビさんカモォォォン!大蛇のごとく押し寄せる!ケーブル達の群れ!!

f0034427_1281977.jpg

全身の毛穴で受け止めろ!もうどうなってんのかわからない!!コネクタ盤だッ!!!

f0034427_12104811.jpg

ケーブル保護のイエロージャケットがてんこ盛り!
車に轢かれても、飛行機から落ちてもビクともしねぇ!
 鉄骨エリートはタフネス設計!!

f0034427_12135085.jpg

スタッフ専用食堂! 残念ながら理想の父親像No.1、我らがスティーヴン "パパ・ザ" セガールはいない!

f0034427_1221529.jpg

食事はとり放題だ! うーん、ヴァンダボー!!

f0034427_12223886.jpg

ご馳走するからたっぷり腹空かせて待ってろよ!!

f0034427_13341645.jpg

ここにも、ここにも、こんなとことにも仮設スタジオがッ! 大球場(ベースボール・ジャングル)で、筋肉ゥゥフィーバー!! WOOOOOW!!(VO 若本規夫)

f0034427_16265173.jpg

f0034427_162864.jpg

サムライ魂で極秘任務を遂行せよ! これがオヤジ・アクションの決定版!!

f0034427_1631568.jpg

(カメラマンから)逃れる道は皆無 DEATH&BYE!(ですばい) 逃れられねんDESTINY!(ですってにィ) びびりんしゃい!!

f0034427_16325627.jpg

f0034427_163717100.jpg

これが俺らの、決・定・BAAAAAAAAAAANG!!(VO アナゴさんの人)




                                           

いかがでしたでしょうか、まさかのスウィープでサンフランシスコ・ジャイアンツの優勝で幕を閉じたワールドシリーズ。
今回は男(オヤジ)の教科書、テレ東魂にのせてお送りしましたがうんざりしてはおられませんか?
正直、私も暑苦しさ男臭さにむせ返っており、すぐにでもシャワーを浴びたい気分です。
ここまで見て下さった皆様に感謝申し上げます。まあ、文章は読んでないんでしょうけど。
これで今年の野球は終わり、来年はどのような感動を見せてくれるのか。
野球を愛する人達、全てに幸あれ…




f0034427_1345487.jpg

お前の心に、拳(ボール)はあるか? 固く握りしめた、ズシンと響く重たいヤツさ……

f0034427_13471412.jpg

俺、今度優勝したら結婚するんだ……!(アカン)

おまけ
f0034427_14464913.jpg

翌日のデトロイト空港…

by GPAUSA | 2012-11-04 07:00 | 前田陽治カメラマン